大阪で動画制作・ホームページ制作・チラシ制作ならVermu(バーム)

BLOG

Vermuのブログ

会社の採用動画を制作するメリット: 魅力的な人材獲得の秘訣

2024.2.6

動画制作

採用動画のメリット

近年、企業が優秀な人材を獲得するための競争は激しさを増しています。このような中、採用動画の活用は人材獲得戦略において重要な要素となっています。本記事では、採用動画を活用することの重要性について探求し、そのメリットについて詳しく解説します。

人材獲得の競争が激化する現代の採用環境

近年、企業が新しい人材を獲得するための競争はますます激しくなっています。
急速な技術の進化やグローバル化により、企業は優秀な人材を引きつけるために新たな戦略を模索せざるを得ない状況にあります。

人材市場の変化

近年の技術の進化により、新たな業界や職種が生まれ、需要と供給のバランスが大きく変化しています。
例えば、人工知能や機械学習などの技術分野では、ますます高度なスキルや知識が求められるようになっています。
これにより、企業はますます優秀な人材を求めるようになり、その競争が激化しています。

また、リモートの普及により、企業は全国から人材を採用することが可能になりました。
これにより、地域を超えた競争が生まれ、企業はますます広範囲で優秀な人材を探す必要があります。
このような状況下では、企業は人材獲得の戦略を見直し、新たなアプローチを取る必要があります。

採用動画の重要性

ここで、採用動画が注目される理由があります。動画は文字や画像よりも情報を効果的に伝えることができ、企業の魅力や文化をリアルに伝える手段として優れています。

採用動画のメリット

①ブランドの魅力を伝える

採用動画を活用することで、企業は自社のブランドの魅力を効果的に伝えることができます。ビジョンや価値観をストーリーテリングを通じて伝えることで、候補者は企業の文化や魅力をより深く理解し、自社に興味を持つようになります。

採用動画は、文字や画像だけでは伝えきれない情報を映像と音声で表現することができます。例えば、従業員が仕事に取り組む様子や日常の雰囲気をリアルに映し出すことで、候補者は企業の雰囲気や働く環境を直感的に理解することができます。
さらに、企業の歴史や成果、社会貢献活動などを映像化することで、企業の価値観やビジョンを伝えることができます。

採用動画は、単なる情報伝達手段ではなく、感情や共感を呼び起こすコミュニケーションツールでもあります。
映像と音声を使ってストーリーを紡ぐことで、候補者は企業の人間性や温かさを感じ取ることができます。
これにより、候補者は企業に対する信頼や好感を抱き、自らのキャリアをその企業で築きたいという意欲を高めることができます。

また、採用動画は、候補者と企業のマッチングを促進する効果もあります。
採用動画を視聴した候補者は、企業の文化や価値観に共感したり、自身のスキルや志向が企業と合致するかどうかをより正確に判断することができます。
その結果、企業は適切な候補者をより効率的に選び出すことができるようになります。

要するに、採用動画は企業のブランドの魅力を伝えるための強力なツールであり、候補者と企業の間で信頼関係や共感を築くのに大きく貢献します。
企業は採用動画を活用し、自社の独自性や魅力を最大限に引き出し、優秀な人材を惹きつけることができるように取り組むことが重要です。

②企業文化や働く環境をリアルに伝える

採用動画は、企業の文化や働く環境をリアルに伝えることができる強力なツールです。
実際の社内風景や従業員の声を通じて、候補者は企業の雰囲気や人間関係を感じ取ることができます。
これにより、候補者は自らの志向や価値観と企業のマッチング度合いをより正確に判断することができます。

採用動画は、企業の雰囲気や文化を文字や静止画よりもリアルに伝えることができます。
例えば、社内の様子や従業員同士のコミュニケーション、仕事の雰囲気などを実際の映像で見せることで、候補者は企業の働く環境や文化を具体的に想像することができます。
また、従業員の声や感想を動画に取り入れることで、候補者は企業に対する信頼感を高め、自身の適応性やフィット感を確認することができます。

さらに、採用動画は候補者に企業の魅力をダイレクトに伝える手段としても有効です。
企業が大切にしている価値観や文化、仕事のやりがいや成長の機会などを映像と音声で伝えることで、候補者は企業に対する理解を深めることができます。
これにより、候補者は自身のキャリア目標やライフスタイルと企業の方針や文化が適合するかどうかを判断する際の参考にすることができます。

採用動画を活用することで、企業はリクルーターや採用担当者が口頭や文字で説明するよりも、よりリアルかつ具体的に企業の雰囲気や働く環境を伝えることができます。
これにより、候補者は自分がどのような環境で働くことになるのかをより具体的に想像し、自分にとって最適な企業を見つけることができるようになります。

③候補者の興味を引きつける

動画は視覚的な魅力を持ち、候補者の興味を引きつける効果があります。
魅力的な映像やストーリーテリングを活用することで、候補者はより長く動画に注目し、企業に対する興味を深めることができます。
また、動画は情報を効果的に伝えることができるため、短い時間で多くの情報を伝えることができます。

採用動画は、文字や静止画よりも視覚的な要素が豊かであり、視聴者の興味を引きつける力があります。
魅力的な映像や美しい映像効果を使うことで、候補者は動画に引き込まれ、企業に対する興味を高めることができます。
例えば、従業員が活気ある職場で働いている様子や、製品やサービスの魅力を表現する映像を使うことで、候補者は企業の魅力を直感的に感じ取ることができます。

また、ストーリーテリングを活用することで、候補者は動画の中で自分自身を物語の主人公として想像することができます。
企業の歴史やビジョン、従業員の成功ストーリーなどを通じて、候補者は企業との共感や希望を感じることができます。
これにより、候補者は企業に対する興味や関心を深め、応募する意欲を高めることができます。

さらに、動画は情報を効果的に伝えることができるため、短い時間で多くの情報を伝えることができます。
企業の特徴やメリット、求める人物像などを短い時間でわかりやすく伝えることで、候補者は企業に対する理解を深めることができます。
また、動画は視聴者に直接的に情報を提供するだけでなく、感情やインスピレーションを与えることもできるため、候補者は企業に対する興味を深めることができます。

総じて、採用動画は視覚的な魅力やストーリーテリングを活用することで、候補者の興味を引きつけ、企業に対する関心や理解を深めることができる強力なツールです。
企業は採用動画を活用して、候補者とのコミュニケーションを促進し、優秀な人材を獲得するための魅力的な環境を提供することが重要です。

④面接の時間とコストを削減する

採用動画を活用することで、企業は面接の時間とコストを削減することができます。
動画を通じて候補者に企業情報を提供することで、候補者はより理解を深め、面接時により重要な問題に焦点を当てることができます。
これにより、面接の効率が向上し、面接の時間やコストを削減することができます。

面接は、企業と候補者がお互いをより深く理解するための重要な段階です。
しかし、面接には時間やコストがかかるという課題があります。
特に、多数の候補者と面接を行う場合や、遠方からの候補者との面接を行う場合は、面接の手間や費用がさらに増加します。
こうした課題に対処するために、企業は採用動画を活用することで面接の時間とコストを削減することができます。

採用動画を活用することで、企業は候補者に対して企業情報を効果的に伝えることができます。

例えば、企業のビジョンやミッション、文化や価値観、製品やサービスの特徴などを動画で伝えることで、候補者は企業についてより深く理解することができます。
また、従業員のインタビューや社内の様子を映像化することで、候補者は企業の雰囲気や働く環境をリアルに感じ取ることができます。

これにより、面接時にはより具体的な質問や議論に焦点を当てることができます。
候補者は採用動画を通じて企業についての基本的な情報を理解し、面接ではより深い議論や具体的な事例について話すことができます。
これにより、面接の効率が向上し、面接の時間を短縮することができます。

さらに、採用動画を活用することで、遠方からの候補者との面接を減らすことができます。
採用動画を通じて企業情報を提供することで、遠方に住む候補者も企業についてより深く理解することができます。
そのため、面接の回数や頻度を減らすことができ、面接のコストを削減することができます。

総じて、採用動画を活用することで企業は面接の時間とコストを削減することができます。
動画を通じて候補者に企業情報を提供することで、面接の効率が向上し、より効果的な面接を行うことができます。
これにより、企業は効率的に優秀な人材を採用することができ、採用プロセス全体の効率が向上します。

⑤社内外のコミュニケーションを促進する

採用動画は、企業内外のコミュニケーションを促進する効果もあります。
従業員が採用動画を共有することで、企業のブランドの露出を高め、新たな人材を獲得する機会を増やすことができます。
また、採用動画を通じて企業の価値観や文化を共有することで、従業員のモチベーションやエンゲージメントを向上させることができます。

社内外のコミュニケーションを促進するために、採用動画は非常に有効なツールとなります。まず、採用動画を作成し、社内の従業員と共有することで、従業員同士のコミュニケーションを促進することができます。

採用動画には企業のビジョンやミッション、文化や価値観、従業員の声などが含まれることが多く、従業員はこれらの情報を通じて企業の方針や理念に共感し、自身の働き方や行動に反映させることができます。
さらに、採用動画を通じて、新たな従業員が入社する際にも、既存の従業員との共通の価値観や文化を持つことで、チームの一体感や協調性が高まることが期待されます。

また、採用動画を外部に向けて公開することで、企業のブランドの露出を高めることができます。
従業員が採用動画を自身のSNSなどで共有することで、企業のブランドが広く知られるようになり、新たな人材を獲得する機会が増えます。
特に、従業員が自らの体験や感想を動画として発信することで、候補者は企業に対する信頼や興味を持ちやすくなります。

さらに、採用動画を通じて企業の価値観や文化を共有することで、従業員のモチベーションやエンゲージメントを向上させることができます。
従業員が自身の働く企業の価値を理解し、共有することで、より意欲的に仕事に取り組むことができます。
また、採用動画に登場する従業員の声や表情を通じて、他の従業員との共感や連帯感が生まれることで、チームワークや協力関係が強化されます。

総じて、採用動画は企業内外のコミュニケーションを促進する強力なツールです。
従業員が採用動画を共有することで、企業のブランドの露出が高まり、新たな人材を獲得する機会が増えます。

また、採用動画を通じて企業の価値観や文化を共有することで、従業員のモチベーションやエンゲージメントを向上させることができます。
企業は採用動画を積極的に活用し、社内外のコミュニケーションを促進することで、組織全体の活性化や成長につなげることが期待できます。

採用動画のメリットのまとめ

採用動画は、企業が新しい人材を獲得し、自社の魅力を効果的に伝えるための貴重なツールです。ブランドの魅力を伝えることから始まり、企業文化や働く環境をリアルに伝え、候補者の興味を引きつけ、面接の時間とコストを削減し、社内外のコミュニケーションを促進するまで、採用動画は多くのメリットを持っています。企業は採用動画を活用して、人材獲得の戦略を強化し、競争力を高めることができます。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせする