大阪で動画制作・ホームページ制作・チラシ制作ならVermu(バーム)

BLOG

Vermuのブログ

会社が採用動画を制作する際のポイント! 効果的な人材獲得のための鍵と戦略

2024.3.27

動画制作

採用動画制作のポイント

採用動画は、企業が人材を獲得し、ブランドイメージを構築するための重要なツールとして急速に注目されています。

人材の獲得競争が激しくなる現代において、企業が採用動画を制作することは、優秀な人材を惹きつけ、ブランドイメージを高めるために欠かせない手段となっています。
採用動画は、企業の文化や価値観、仕事の魅力を伝える重要なツールであり、効果的な制作は人材獲得において大きな差別化要因となります。
以下に、採用動画を制作する際のポイントをまとめます。

ストーリーテリング

採用動画の重要な要素の一つは、ストーリーテリングです。なぜなら、ストーリーは単なる情報の羅列ではなく、視聴者の心に響く感情を喚起し、彼らに企業の魅力を実感させる力があるからです。

良い採用動画のストーリーは、視聴者が共感できるような、人間味あふれるものでなければなりません。これは、冷たい情報や事実だけではなく、企業の文化や価値観、仕事のやりがいなどをリアルなエクスペリエンスとして表現することで実現されます。
例えば、社員同士の協力や成長の過程、困難に立ち向かう姿勢など、人間の営みに共感を覚えるような要素を取り入れることが効果的です。

さらに、ストーリーテリングは、企業のリーダーシップや社員の声を通じても表現されます。リーダーのビジョンや熱意は、企業の方向性や文化を示す重要な要素です。
また、現場の社員が直接語ることで、求職者はリアルな体験や職場の雰囲気を感じ取ることができます。

最も重要なのは、ストーリーが単なる物語ではなく、視聴者と企業との共通の価値観や目標を反映していることです。
視聴者が動画を見て、「この企業の一員になりたい」と感じるような魅力的なストーリーを構築することが、採用動画の成功の鍵となります。

オーガニックな映像

採用動画におけるオーガニックな映像の重要性は、視聴者に直感的な印象を与え、企業の魅力をより鮮明に伝えるために欠かせません。
過度に演出された映像は、時に人工的であると感じられ、視聴者の興味を失わせる可能性があります。そのため、自然な雰囲気やリアルな場面を映像に取り入れることが求められます。

まず、撮影場所は企業の本社やオフィスであることが一般的ですが、それだけでなく、実際の業務が行われている場所や、社員が日々の業務に取り組む様子が伝わる場所が選ばれることが重要です。
視聴者は、企業の環境や雰囲気を知りたいと思っており、オーガニックな映像はその期待に応えることができます。

さらに、社内の雰囲気をリアルに捉えるためには、スクリプトや演技を最小限に抑え、社員が自然な形で行動する様子を撮影することが有効です。
例えば、会議中の様子やチームでの作業風景、ランチタイムやコーヒーブレイクなど、社員同士の交流や日常の一コマを捉えることで、視聴者は企業の雰囲気や文化をより具体的に感じることができます。

また、オーガニックな映像は、視聴者に対する信頼感や親近感を高める効果もあります。
過度な演出や加工がない映像は、企業が真摯に働き手との関係を築こうとしている姿勢を示し、求職者にとって魅力的な雰囲気を作り出すことができます。

要するに、オーガニックな映像は、採用動画において企業の本質を正直に伝える手段であり、視聴者によりリアルな体験を提供することができます。
そのため、採用動画の制作においては、過度な演出を避け、自然な雰囲気を大切にすることが肝要です。

多様性と包括性の表現

採用動画において多様性と包括性を適切に表現することは、企業が本当にそれらの価値を重視しているかどうかを示す重要な手段です。
多様性とは、人々が異なる性別、人種、年齢、性的指向、宗教、障がい、文化的背景などで異なることを尊重し、包括性はこれらの異なるバックグラウンドを持つ個人が全て平等に扱われることを意味します。これらの価値を採用動画で伝えるには、以下のような方法が効果的です。

まず、様々な人々が活躍している姿を映像で表現することが重要です。
これは、異なる人々がさまざまなポジションや部門で活躍している様子を映し出すことで、求職者に企業が多様な人材を積極的に採用していることを示すことができます。
例えば、異なる性別や人種、年齢層がバランスよく映るシーンや、さまざまな文化的背景を持つ社員が協力して業務を行っている様子を映すことが挙げられます。

さらに、異なるバックグラウンドを持つ社員の声を取り入れることも重要です。
これにより、求職者は実際の社員の体験や視点を通じて、企業が多様性と包括性をどのように尊重し、実践しているかを理解することができます。
例えば、異なる文化や言語を持つ社員が、自身の経験や価値観を語る場面を映像に取り入れることで、多様性を尊重し、包括性を実践している姿勢を示すことができます。

採用動画における多様性と包括性の表現は、企業の人材戦略や社会的責任に対する姿勢を示す重要な要素です。
適切に取り入れることで、求職者に対して企業が多様な人材を歓迎し、平等に扱うことを明確に伝えることができます。

インタラクティブな要素の導入

インタラクティブな要素を採用動画に取り入れることは、視聴者の興味を引きつけ、参加意欲を高める重要な手段です。
視聴者が動画に参加したいと思うような体験を提供することで、企業への興味や関心を高め、積極的な行動へと繋げることができます。

一つの方法は、社員インタビューの中で視聴者からの質問に答える場面を設けることです。
これにより、視聴者は企業の社員との対話を通じて、より深い理解を得ることができます。質問への回答を通じて、企業の文化や働く環境に関する詳細な情報を提供することができるため、求職者は自身の興味や関心に合わせて情報を得ることができます。

また、仮想オフィスツアーなどのコンテンツも、視聴者が参加したくなる要素を提供する方法の一つです。
これにより、視聴者は企業のオフィスや施設をリアルに体験することができ、仕事の雰囲気や環境をより具体的にイメージすることができます。
さらに、仮想オフィスツアーでは、視聴者が自分の興味に応じて特定の部門やチームに焦点を当てることができるため、より個別化された情報を提供することが可能です。

インタラクティブな要素を導入することで、視聴者が企業に興味を持ち、積極的に関与するきっかけを提供することができます。
視聴者が動画に参加したいと感じるような体験を提供することで、企業の魅力をより効果的に伝えることができます。

明確なコール・トゥ・アクション

採用動画の最後に明確なコール・トゥ・アクション(CTA)を提示することは、視聴者に次のステップへの誘導を行うために極めて重要です。
CTAは、求職者に対して具体的な行動を促すメッセージや案内を提供し、彼らが興味を持った際にスムーズに行動に移れるよう支援します。

まず、求職者に次のステップへ進むよう促すメッセージを含めることが重要です。
これは、求職者に対して具体的なアクションを示すものであり、例えば、ウェブサイトへの訪問や求人情報の閲覧、応募フォームの記入などが挙げられます。
明確な指示を提供することで、求職者は次のステップを踏みやすくなります。

また、応募方法の案内もCTAの重要な要素です。
これは、求職者が具体的にどのような手順で応募を行えば良いかを明確に伝えることを意味します。
例えば、ウェブサイト上の応募フォームへのリンクや連絡先情報の提供などが含まれます。
求職者がスムーズに応募手続きを行えるよう、必要な情報を提供することが重要です。

さらに、CTAには時間的な要素を加えることも効果的です。
例えば、「今すぐ応募する」「締め切りは近日中です」などのフレーズを使うことで、求職者に行動を促す切迫感を与えることができます。これにより、求職者が迅速に行動に移るきっかけを提供することができます。

以上のように、採用動画の最後には明確なCTAを提示することが重要です。
具体的な行動を促すメッセージや応募方法の案内を提供することで、求職者が興味を持った際にスムーズに行動に移れるように支援し、効果的な人材獲得につなげることができます。

ソーシャルメディアへの最適化

採用動画のソーシャルメディアへの最適化は、視聴者に直接届けるために不可欠です。
ソーシャルメディアは、人々が日常的に情報を共有し、交流する場所であり、多くの求職者がそこで企業の情報を収集しています。
そのため、採用動画を効果的に展開するためには、各ソーシャルメディアプラットフォームに合わせた戦略が必要です。

まず第一に、異なるプラットフォームごとに動画を最適化する必要があります。
例えば、InstagramやTikTokなどの短い動画向けのプラットフォームでは、短いバージョンの動画を制作することが効果的です。
これにより、視聴者の関心を引きつけ、手軽に視聴してもらうことができます。

また、各プラットフォームでの動画の特性に合わせて、キャプションやサムネイル画像なども最適化することが重要です。
キャプションは、動画の内容を補足し、視聴者の関心を引きつける重要な役割を果たします。
サムネイル画像は、視覚的に魅力的であり、視聴者の目を引くものでなければなりません。

さらに、共有可能な要素を動画に組み込むことも重要です。
例えば、動画内にシェアボタンやリンクを設置することで、視聴者が簡単に動画を共有し、他の人にも広めることができます。
また、ハッシュタグを活用することで、関連するコミュニティや求職者に動画を露出することができます。

最後に、ソーシャルメディア上での動画の分析と改善も重要です。
各プラットフォームの分析ツールを活用し、視聴者の反応や動画のパフォーマンスを定期的にチェックし、必要に応じて戦略を調整することが必要です。

以上のように、ソーシャルメディアへの最適化は、採用動画をより多くの求職者に届けるために欠かせない要素です。
各プラットフォームの特性を理解し、効果的な戦略を展開することで、企業の採用活動を成功裏に支援することができます。

定期的な更新と改善

定期的な更新と改善は、採用動画の持続的な成功に不可欠です。
なぜなら、企業の姿や価値観は常に変化しており、それに伴って採用戦略やメッセージも変化するからです。
採用動画が時代遅れになったり、視聴者の関心を失ったりしないようにするためには、定期的な更新と改善が必要です。

まず、定期的な更新は、企業の最新情報や変化した価値観を反映するために重要です。
企業が新たなプロジェクトやイニシアティブを開始したり、文化や価値観が変化したりする場合、それらを採用動画に反映させる必要があります。
古い情報や古い映像が残っていると、視聴者は企業の信頼性や進化に疑問を持つ可能性があります。

さらに、トレンドや視聴者の嗜好も変化するため、採用動画に取り入れるべき要素も変わってきます。
新しい技術やメディアの使用方法、視聴者の関心を引くためのストーリーテリングの手法など、常に最新の動向に対応する必要があります。
これにより、視聴者が飽きずに動画を視聴し、企業に興味を持ち続けることができます。

また、定期的な改善は、採用動画の効果を最大化するために重要です。
動画の分析データを定期的に評価し、視聴者の反応や行動を分析することで、改善点や修正すべき点を把握することができます。
視聴者のフィードバックや動画のパフォーマンスを考慮して、動画の内容や制作方法を改善することで、効果を高めることができます。

総じて、定期的な更新と改善は、採用動画が常に最新で魅力的なものであり続けるために欠かせないプロセスです。
時代の変化や視聴者のニーズに合わせて動画をアップデートし、常に最高の成果を追求することが重要です。

まとめ

採用動画は、企業の魅力を引き立て、優秀な人材を惹きつけるだけでなく、さらにはブランドのイメージを強化し、持続的な成長に貢献する重要なツールです。
その効果は単なる人材獲得にとどまりません。以下では、採用動画が企業にもたらす様々な利点について詳しく説明します。

まず、効果的な採用動画は企業の魅力を引き立てることができます。
視聴者に企業の文化や価値観、働く環境、社員の声を伝えることで、企業が魅力的な場所であることを訴求します。
これにより、求職者は企業に興味を持ち、自ら志願する意欲を高めることができます。また、採用動画は企業の独自性や強みを際立たせる手段でもあります。
企業の特色や競争力を的確に伝えることで、優秀な人材の獲得につながります。

さらに、採用動画はブランドのイメージを強化する役割を果たします。
視聴者にポジティブな印象を与えることで、企業のブランド価値や信頼性を向上させることができます。
採用動画が魅力的であり、視聴者に共感を呼び起こすような内容であれば、企業のブランドイメージはより強固になります。
また、採用動画を通じて伝えるメッセージは、企業のビジョンや使命といった重要な要素を強調することができ、ブランドの方向性を明確に示すことができます。

最後に、採用動画は持続的な成長に貢献します。
良質な人材の獲得は企業の成長にとって不可欠ですが、そのためには魅力的な働き場所であることをアピールすることが重要です。
採用動画が企業の魅力を的確に伝え、優秀な人材を惹きつけることで、企業は持続的な成長を実現することができます。
さらに、ブランドイメージの強化は顧客やパートナー、投資家など、様々なステークホルダーに対する信頼を高め、企業の成長に寄与します。

以上のように、効果的な採用動画は単なる人材獲得の手段にとどまらず、企業の魅力を引き立て、ブランドのイメージを強化し、持続的な成長に貢献する重要な要素となります。
採用動画の制作においては、これらの効果を最大限に活かすことが求められます。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせする